home s h o p p i n g
◎大地の恵み・海の恵みのご紹介



 



伊勢神宮を代表とする三重県。伊勢湾に面した " 鈴鹿 " は、岐阜 から流れ込む
木曽三川(木曽川、揖斐川、長良川)の、豊富なミネラルのお陰で、干潟が良く肥え、
「海苔」や魚、海産物が大変美味しく育ちます。
また、伊勢湾の潮風によって「お米」も大変甘く育ちます。
これら伊勢湾 " 鈴鹿 " の大地と海の恵みを、産地直送でお届けします。



2018年のやだまい(矢田米)新米が収穫されました!
たくさんのご用命、お待ちしております。

2018年新米はお盆過ぎ〜8月下旬に収穫されます。
ご予約お待ちしております。(2017.11.03)

 

〜お詫び〜
送料の高騰につきサービスが若干変動します。
一番最新の情報はこちらのHPにて随時更新されます。
やだまいのチラシ情報とタイムラグありますことお詫び申し上げます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〜三重県鈴鹿産コシヒカリ・有機肥料使用〜

や だ ま い

その1・・・粒が大い
その2・・・もっちり感がある
その3・・・とにかく甘い(伊勢湾の潮を含み、冷めてからも甘い)

Q.「雑草はどの様に処理し、 有機肥料は何を使っていますか?」
A.「田植えの前に一度だけ除草剤を使用。
その後の栽培期間中は無農薬です。
田んぼにひたすらたっぷりの水を切らさないようにひきます。
たっぷり水をひく(水を絶やさない)事で 草が生えなくなり
ます。この水の管理が手間ひまかかり、毎日 絶やさず田んぼ
の様子を観に行きます。有機肥料は有機化成というものや、
なたね(なたね油に使われる)かすなどです。 手間ひまかけ
た分だけの 味覚が味わえます。」

*有機化成(動物質の有機原料を主体。植物質を加えた燐酸
2.アンモニア系、肥料、尿素、動物かす粉末類、植物油かす類)


【価 格】
3 0 k g・・・玄米14,000 円 /白米・分づき 15,500 円
2 0 k g・・・玄米 9,800 円 /白米・づき 10,800 円
1 5 k g・・・玄米 7,300 円 /白米・づき 8,100 円
1 0 k g・・・玄米 5,000 円 /白米・づき 5,500 円
5 k g ・・・ 玄米 2,600 円 / 白米・づき 2,850 円
(税込)

※ただいま、精米の人出不足のため、
できる限り「玄米」での ご用命をお願いしています。
ご自宅で精米していただけると助かります。




※白米には精米料が含まれています。白米は玄米を精米するため、
約一割程(ぬか分が)減ります。〈 例〉白米10kgを精米すると、
約9kgです。ぬか量が減っただけで、お米の粒数は変わりません。

※ 自然の産物なので、その年の収穫状況と市場状況により
値段が変わります。

※分つき米は、5分づきか 7分づきのどちらかをご指定ください。
(無洗米はございません)




【年間ご契約割引サービス】
300キロ(30キロ×10袋)→18%割引、
240キロ(30キロ×8袋)→15%割引、
180キロ(30キロ×6袋)→ 13%割引、
150キロ(30キロ×5袋)→12%割引、
120キロ(30キロ×4袋)→11%割引、
100キロ(30キロ×3袋+10キロ)→10%割引、
90キロ(30キロ×3袋)→8%割引、
80キロ(30キロ×2袋+20キロ)→7%割引、
70キロ(30キロ×2袋+10キロ)→5%割引


〜お詫び〜
送料の高騰につきサービスが若干変動します。
一番最新の情報はこちらのHPにて随時更新されます。
やだまいのチラシ情報とタイムラグありますことお詫び申し上げます。




【年間ご契約のお支払いについて】
基本的に、一年分の前払いでお取り置き契約成立となります。
なるべく全額前納でお願いしていますが、やむを得ない場合は
ご相談ください。

2分割まで手数料無料。
3〜5分割_手数料3%
5分割以上_手数料5%



【小分けについて】
小分け一袋に対し、小分け手数料を包装袋分とあわせ少々
いただく場合がございます。
ご了承のほどよろしくおねがいいたします。

【発送について】
発送まで早くて中1日、1週間〜10日かかる場合があります。
予め余裕を持った発送の号令を、おねがいします。
発送メールはこちらまで→ seasmile123@gmail.com



【送料】
・年間ご契約割引サービスの送料
60キロ発送の場合、全送料サービスさせていただきます。
30キロ単位での発送の場合着払いになります。
特に玄米は、新米収穫の8月末~冬の間は常温で保てます。
精米したお米でも、業務用の冷蔵庫がおありの場合は、
60キロ単位での発送をおすすめします。



・30キロご購入は初回のみ送料分1500円値引き、
60キロご購入は常に送料無料

単発で30キロご購入のお客様には今まで
送料をこちら負担でにせていただいていましたが、
近年の宅配会社様の配送料高騰につき、
サービスを続けていくことが難しくなりました。 送料は着払いで行きますが、お米代金から初回送料分のみ1500円値引き(例:玄米30キロは、14,000円ー1500円=12,500円)、以降のご注文は着払い。60キロ単位のご用命と発送は、つねに送料無料にさせていただきます。60キロご用命でも、30キロ単位の発送になると着払いになります。

直接引き取りサービス
単発で、お米30キロ以上をお買い上げで
直接取りに行きていただくお客様には、
1000円お値引きさせていただきます。

ただし、30キロを小分けしてのお引き渡しや
何回かに分割してのお引き渡しと、
年間ご契約はこれにあてはまりません。


三重県からの送料一覧



問い合わせ・ご注文はこちらまで→ katchin55@nifty.com

 




〜伊勢湾奥のブランド 黒のり・海 苔〜

だ の り


【お知らせ】
漁業を営む実家の三重県伊勢湾奥のブランド黒海苔「やだのり」。
今年もたくさくんのお問い合わせ、ご予約をいただきありがとうございます。

暖冬の影響で海水温が一向に下がらず海苔が育たない状況です。現時点
での新海苔の収穫予測は年末年始。収穫量は激減、全国的に価格が高騰の予測です。

毎年楽しみに待っていただいてる方々、近頃は本場九州地方から日本海側、関東、
東北地方のリピーター様も含め、いつ収穫されるのかとのありがたい問い合わせも多いため、こちらで
もご報告させていただきます。追って進捗をお知らせします。どうぞよろしくお願いいたします。

* 

追記
有明海苔より特級が良くついたこともあったと言われる、
伊勢湾奥ブランドの黒海苔。 

 
海苔は、海況、漁業組合で毎年くじ引きで決まる海苔網を広げる海の場所、海苔製
造の機械、そして作る人(そのキャリアと勘)。これ
らの条件の組み合わせで味が決まると言われる海の農業です。

詳しくは著書「いのちをつなぐ海のものがたり」をご覧ください。
http://www.yadakatsumi.com/works/book_yasagoha.html
 
 

実家の海苔はそのいくつかの条件や機械の調子がいいのか、毎年美味しくできて、
ご贔屓いただいてる皆様のおかげでその噂がじわじわ全国に広がり、
この海苔の味が忘れられないとか、やっと探していた昔の海苔の味を見つけたとか、
実家の海苔を遠方の加工海苔業者も買い占めに来るほどです。
子供の頃から海苔の養殖の現場をわずかながら手伝ってきた私には嬉しい限りです。
本当にありがとうございます。  

 
日本人は海苔が好き、そしてとても貴重な海苔。

 
ですが、今は海苔を続けることに大変な労力と環境がいり、
海苔をする漁師はめまぐるしい勢いで減ってきています。 


実家の海苔の養殖も、いつまで続けられるかわかりません。
が、こんなに喜んでくださる方がいることで、
私には一番大変な現場での手伝いもできないのですが、
この海苔の美味しさを伝えること、
著書を通して海苔ができあがるまでの物語を伝えることが、
自己満足なのですが私なりの祈り。少しでも長く続けられるように願ってやみません。



【ビニール袋包装の省略と海苔の保管について】
海苔は今まで透明なビニール袋にお入れしていましたが
人手不足で対応が追いつかなくなり省略させていただいております。
海苔はビニールより新聞紙にくるんで缶に入れるのことをお勧めしています。
ビニール袋はご要望の方には同封させていただきます。



発送
三重県 or 岐阜県


送料
ゆうぱっく or 宅急便の着払いになります。



【おまとめご購入割引サービス】
• 1.5万~2万 → 3%割引
• 2.1万~ 2.5万 →4%割引
• 2.6万以上→5%割引


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎大好評・「やだのり」伊勢湾海苔)は、翌年3月頃まで収穫です。


岐阜から流れ込む木曽三川(木曽川、揖斐川、長良川)の豊富なミネラルのお陰で、
干潟が良く肥えた伊勢湾奥の鈴鹿では、 磯の香りが強く、とろけるような味わいと色つやが特徴です。
御進物・御贈答に。また味噌汁に入れたりサラダにふりかけたり、御飯にまいたり おやつにと。




* 海苔の養殖は12月上旬~3月上旬です。旬は12月〜1月下旬。
寒い季節、水温の低い海の中で育つ海苔ですが、
近年の地球の温暖化に伴い、海水の温度が下がらないため年々海苔の収穫のスタートが遅れています。
*最も高級な海苔は、12月に海からはじめて積み上げられた海苔網の芽で、「初(一番)海苔」といいます。
海苔の芽を口に入れた途端、溶けていくほどに、海苔の芽が柔らかいのが特長です。
お茶でいう初芽と同じで、最高級品。わずかしか取れず、あっという間に売り切れます。
初(1番)海苔を摘み取ったあとに伸びてきた海苔の芽が、2番海苔。
次に伸びてきた海苔の芽が3番海苔と、4.5.6.7.8番…と順次伸びてきた海苔の芽を摘み取っていきます。
摘み取る回数が多くなるにつれ、海苔の芽が固くなり、ツヤや風味も落ちてきます。
各年の海境にもよりますが、7.8番くらいまで海苔を摘み取って、その年の海苔の養殖は終わります。
 
 

◎あぶって食べる海苔100枚束(初海苔 松ランク)・・・・・・・・・・・・・・・3200円
(あぶって食べる海苔は、100巻枚束のみです。10枚~50枚単位のバラはお分けしておりません)
 


◎全形焼き海苔(1帖=10枚入り): 松ランク・・・・・・・・・・・・・ 400円
(2番摘みで加工してあるので味も抜群。
初海苔は芽が柔らかすぎて、焼き海苔の加工に向かず、
2番摘み海苔を焼き加工しています。
初海苔同等の風味です。
こちらは1袋10枚入りで乾燥剤が入っており、封を切らなければ1年ほどパリパリの状態です。
 

◎初海苔・味付け海苔 (1帖=10枚入り): 松ランク・・・・・・・・・・・・・ 450円
初海苔(1番摘み)で加工してあるので味も抜群。
初海苔の味付けは珍しく、口の中に入れたらとろける芽の柔らかさです。
焼き海苔と同じく1袋10枚入りで、乾燥剤が入っており、
封を切らなければ1年ほどパリパリの状態です。味付け海苔が苦手だった方からも、
『こんな美味しい味付け海苔を食べたのは初めて』、
『味付け海苔は今まで苦手だったけど、好きになった』、などというような、
嬉しいお声を多くいただいています。

・加工した味付け海苔、焼き海苔のみを通販でお求めの方は、計3袋以上から承ります。


*海苔の価格はその年によって、若干の変動があります。

お問い合わせ・ご注文はこちらまで seasmile123@gmail.com

 


◎海苔の保存方法
海苔は12〜3月くらいの旬の時期でほぼ完売します。(4月頭にはほぼ無くなります)
一番美味しい海苔の時期は12月の初海苔がとれるあたりから1月初旬頃です。
ご購入後はすぐ湿気を防ぐ缶や瓶に入れて保管ください。乾燥剤を入れると尚良いです。
春頃までは常温のままで、春以降は冷蔵庫(または冷凍庫)に保管ください。
収穫されたてを冷蔵や冷凍すると風味が落ちて湿気を含んでしまいます。



◎海苔の食べ方

その都度、あぶるのも美味ですが、一度にまとめてあぶると楽です。 IHの方は、フライパンや鍋を IHにかけてその中で焼いてください。
火で両面を『緑色』になるまであぶり、食べやすい大きさに切って、保存瓶 や缶にストックいただけると、食べたい時に食べれます。
漁師の家では毎日こうやって食べるので、あっという間になくなります。 食べ方に慣れていらっしゃらないと、なかなか無くならず、
湿らせてしまう ようです。新鮮で保存料を入れていない海苔なので、何年も持ちませんが 次の冬までは美味しくご賞味いただけます。


【おすすめの食べ方】
刺身に巻く(これがないと刺身がはじまらないほどやみつきになる)。
醤油をたらした大根おろしにつけていただく(とまらなくなる)。
サラダやみそ汁、ラーメン、うどんにふりかける。お八つにと。

お問い合わせ・ご注文はこちらまで katchin55@nifty.com



・・・伊勢湾について・・・
伊勢湾を臨む伊勢志摩は、万葉集で「御食つ国(みけつくに)」と歌にあるように、 海の幸の恵まれたところです。
グルメな神様でもあったと言われています 天照大神は、とりわけ海の幸が好物だったとか。
そのため、大昔 宮を定める際、豊かな海産物に恵まれた御食つ国(みけ つくに)といわれる 伊勢志摩に 目をつけ 「この伊勢の国は、 常世(とこよ) の浪(なみ)の重浪(しきなみ)帰(よ)する 国なり。傍国(かたくに)の 可怜(うまし)国なり。この国に、居(お)らんと欲(おも)ふ。」と斎王である倭姫命(やまとひめのみこと)に 伊勢神宮を建てさせたといわれています。伊勢神宮は海産物に恵まれた伊勢湾のほとり、 伊勢志摩に建っています。 伊勢湾の海苔は、浅草では有明海苔より特級が良くつくこともままあることとろける甘みと、 岐阜から流れる木曽三川からのミネラルが豊富で海水と混じり合い 豊かな海産物が生まれています。



 

伊勢湾産、小女子2_じゃこ、釜揚げ、くぎ煮(各限定)

◎大好評・小女子は2016年は伊勢湾は、小女子がいなくて禁漁になりました。
よって、お分けできません。
(2016.03.18)

(手作り佃煮ー保存料添加物は入っていません。1年ほど日持ちします )
毎年3月解禁、佃煮は4月上旬~最長5月下旬まで作ります。



*写真
左上 /生の小女子  右上 /佃煮をつくる 右は沸騰させた海水に潜らせて釜上げつくるところ
左下 /釜上げを網に並べる  右下 /釘煮(佃煮)


(原油価格の高騰、収穫状況によって変動します)



くぎ煮(つくだ煮)100g600円~

          300g 1500円~

*くぎ煮は国産ショウガ入りで、小女子のだしで煮込んであり、とてもコクがあり
さっぱりしていて箸が止まりません。1年ほど持ちます。各家庭によって味も違う。
リピーターも多く大人気。

じゃこ・・・250~300g 1200円~

*じゃこは大根おろし、酢醤油、そのままパクパク。

釜あげ ・・・250~300g 800円~
*釜あげは沸騰させた海水で湯がきます、 酢醤油がおすすめです


三重県からの送料一覧

*注意・・・いわしの稚魚であるしらすと小女子は違います。
小女子の初物は高級品。しらすよりコクがあります。






【ご注文方法】 下記の要項を記入し、メールにてお送り下さい。
前払いになります。
1.お名前    2.御住所   3.連絡先   4.お届け指定日  5.指定時間  6.お米、叉は海苔の種類と数量

←三重県の大地と海の恵みの詳細はこちらから

お問い合わせ・ご注文はこちらまで seasmile123@gmail.com